日本ファンクショナルダイエット協会
日本ファンクショナルダイエット協会

懇親会を開催しました

第5回講習会のあと、会員有志の参加による懇親会が開かれ、ケトジェニック食を楽しみました。新たにケトジェニックダイエットアドバイザーとなられた7名の方に認定証が白澤卓二・JFDA理事長から贈られました。白澤先生から懇親会の締めの言葉として、次のような発言がありました。
「ケトジェニックダイエットは、単に体重を減らすだけでなく、アルツハイマー病、パーキンソン病、ALS、乳がんの発症予防など、病気に関する論文がたくさん出てきている。
日々、学問が進歩しているので、それをアップデートしていくこともこの協会の使命だと考えている。みなさんのネットワークによって、これを広め、糖尿病や認知症についての考え方を変えていくことができる、そういう会にしていきたい」

日本ファンクショナルダイエット協会
日本ファンクショナルダイエット協会