日本ファンクショナルダイエット協会

JFDA Ketogenic News

JFDAケトジェニックニュース

2018/4/23

2018年3月認定*ケトジェニックダイエットアドバイザー紹介

ケトジェニックダイエットアドバイザーNo.295
荒井美由紀さん(ダイエットアドバイザー) 日本ファンクショナルダイエット協会

私が糖質制限と出会ったのは2016年1月のこと。お肉やお魚をたくさん食べて、糖質を食べないという方法でした。それほど太っているわけではないけれど、社会ダンスをやっているのに、ダンサーと言える体型ではないのか悩みでした。糖質を抑えた食事に変えると、2カ月でヒップが10cmも減ったのです。
ただ、実際に痩せても理論的な知識は中途半端。ケトン体が出せれば痩せられることは分かっていたので、ケト検(ケトジェニックダイエットアドバイザー養成講座)で詳しく学ぶことに。
ケトジェニックダイエットの方法は単なる糖質制限とは違います。たくさんのタンパク質とたっぷりの野菜を食べることが必須。これを実践したら、糖質はそれほど食べる余裕はないと思います。受講してからは、本当にたくさんの野菜を食べるようになりました。レストランでは、サラダを2つ頼んだりするので「かなりの量になりますが、大丈夫ですか?」と念を押されるほどです。
「食べることは生きること」。正しく栄養を摂れば、さまざまな病気を予防できたり、発症した病気の進行も抑えることができます。実は、私自身も精神的な病気や肝臓の病気などがありましたが、ケトジェニックダイエットを実践して栄養をきちんと摂ることで改善しています。
これからも社交ダンスを楽しみつつ、このケトジェニックダイエットの理論、メソッドを世の中に全力で広めていきます!



日本ファンクショナルダイエット協会