日本ファンクショナルダイエット協会
日本ファンクショナルダイエット協会 日本ファンクショナルダイエット協会

第23回

相良 由美子 さん

ケトジェニクダイエットアドバイザーNo.340(看護師/医療法人さがら内科クリニック勤務、Rosen Garten主宰)

美味しくて楽しい「低糖質・高タンパク質」を広めたい!

北九州市でご主人のクリニックを支えながら、ワークショップサロンの主宰をしている相良さん。癌の闘病中、認知症、糖尿病、生活習慣病の患者と接する中、予防医学の大切さを感じていたところで出会ったのがケトジェニックダイエットでした。料理好き、しかもスイーツ好きが高じて、今では低糖質&高タンパク質の健康的なお料理教室を開くまでに。SNSでオリジナルレシピを発信中。

日帰り上京を重ねて、シニアアドバイザーに認定


ケト検を受けようと思ったきっかけは? 

うちのクリニックは糖尿病の方もいますし、がんの患者さん、認知症の方も多いんです。これはもっと予防しなきゃならない、予防医学は大事だなと思っている中、ケアマネージャーをしている友達からケトジェニックダイエットの話を聞いたんです。

その友達は、認知症の予防や改善に興味があった。私も患者さんと接する中で、いろいろな病気は食事や生活習慣で予防できるんじゃないかと思えてきてたところでした。

最初は、東京には行きたいけど日曜日しか休みはとれない、日曜日も子どもたちの習い事があったりするので、難しいかなと思ってました。でも、やっぱり興味があって…、ケト検の開講が日曜だと知ってから飛行機を調べてみたら、北九州と東京は日帰りができるんですね!

これはもう絶対行かなきゃ〜と思って、すぐに申し込みました。それはまだジュニアアドバイザーコースだったので、受講はその日1回だけだと思って、すぐ申し込みしたんです。

シニアアドバイザーに認定されていますが、クリニックに勤務して、自分でもワークショップなどをされている中、2カ月に1度上京してシニア講義を受けるのは大変だったのでは?

月曜から土曜までは朝8時に出勤して夜は9時過ぎに帰宅…と、きっちり。日曜日だけが自由時間なんですが、ケト検(ケトジェニクダイエットアドバイザー養成講座)も日曜日開催なのがよかったです!

弟なんか24歳で亡くなっちゃったし、父もやりたいことがいっぱいいっぱいあった人なので、私も自分がやりたいことをやろうと。

もともと忙しいことが好きというか、たぶん追い込まれるのが好きなんです。父と弟が亡くなった時、私なんかもう生きてるだけでもいいかな、生きてるだけで丸儲けだなと思って。それからやりたいと思ったらやる!と、拍車がかかった感じ。だから忙しくても大丈夫。

病気と食生活は、やはり直結していると感じますか?

糖尿病の方なんかは、毎月毎月来院されるんですけど、その都度先生に食事指導されても、次の月にまた体重増えていたりするんです。たぶん食べ方がわかってないんだろうと。

そういう方はたいてい「そんなに食べてません」「ご飯と味噌汁だけです」なんて言われるんですよ。「その『ご飯と味噌汁だけ』ってのがダメ、それで栄養が偏っとるのがダメなんよ〜!それがわからないかね〜」と言いたくて(笑)。

糖尿病でありながら「ケーキはダメでも和菓子ならいいでしょ」なんていう人もいたりして、本当にわかってない!

あとは、うちに定期的に通ってきてる間に少しずつ認知症が進んでいく患者さんがいたんですが、アルツハイマー型認知症には、ココナッツオイルがいいという話を友達から聞いて。

なぜココナッツオイルがいいのか、そのしくみを理解できたら、患者さんにもアドバイスできるかもしれない。シニアアドバイザーは認知症のことも勉強すると知って、それでシニアコースも受講したいと思ったんです。

日本ファンクショナルダイエット協会


食べることと料理は大好きなのに、栄養の知識は素人だった?!


それまでのご自身や家族の食生活は?

私自身、食べることが大好きなんです。白いご飯も大好きだし、ご飯が進むようなおかずが大好きでした。子どもたちも主人もがっつり食べるので、ご飯もお茶碗2杯食べたりして、お米が糖質だなんて考えたこともなかった。

子どもは上から、長女が23歳で看護師、長男が大学1年生、次男が中学3年生。次女がまだ小学校2年生。キャラ弁も作ってますよ(笑)。

私の帰宅時間が遅いので、私の母が来て手伝ってくれたりもします。それでも間に合わなくて、私が2時間のお昼休みの間に帰って夜のご飯の用意をしたりしてるんです。

ともかく栄養満点の物を食べよう、食べさせようという感じでしたね。けど、何が栄養満点なのかということもわかっていなかったから、ただただ美味しい物とか、どこかでかいつまんで覚えたような知識だけ実践して。

例えば、野菜の「50度洗い」がいいと言われればやってみたり、人がいいと言ってた物を使ったりとか。ちゃんと勉強しないまま、ちょっと安心しておいしい物を食べさせようというだけでした。

ケト検を受けたことによって、それが変わるんですね?

そうですね。それまでとは相当違う食生活になりました。もう私自身は、ケト検を受けてから、3食とも糖質を20g以下くらいにして食べてると思います。

家族全員がっていうわけではないです。子どもたち、特に次男はまだ中学生で食べ盛りですから糖質はそこまでカットしなくてもいい。ただ、ジャンクフードみたいなのを食べたりしてしまうので、もう少し理解を深めてくれたらいいなと思います。

長女は看護師の国家試験を受ける時、すごく勉強しなくちゃいけない時期だったので、私と一緒になってご飯もお弁当も糖質オフにしたんです。すると眠くならない。それどころか集中力が違ってきて、勉強の効率が上がることを実感してましたね。

長女は今は一人暮らしなんですが、そうやって自分が体験したので、私のSNSの投稿を見て食事を真似して作ったり、「これどうやって作るの?」ってメールが来たりします。高タンパク質・低糖質を心がけてお弁当も作っていたりしてるみたいです。

ドクターであるご主人はどうですか?

理屈はわかってると思います。ただ、お仲間と夜の活動が多いじゃないですか(笑)。夜出かけることが多いと、理解はしていてもなかなか実践は…。そこは目標です。

SNSに投稿されている食事を見ると、おしゃれな上に栄養もちゃんと考えられていて、素晴らしいですね!

食べることが大好きなので、朝は仕事に行く前で忙しいけど、可愛くワンプレートで盛り付けたりして、テンションを上げる。

そして、食べた物はなるべくインスタやFacebookに投稿するようにしています。自分の記録のためというよりは、少しでも健康食の情報発信ができるようになりたいと思って。



日本ファンクショナルダイエット協会

↑マスカルポーネのティラミス(ココット8個分)/糖質8.45g(1個糖質1.05g)
●材料/土台のおから蒸しパン:おからパウダー10g・エリストール粉末25g・ベーキングパウダー3g・ココア 3g・卵 1個・水40ml・ココナッツオイル3g/クリーム部分:マスカルポーネ100g・生クリーム100g・エリストール粉末 大さじ2 ・飾り用ココア 3g   ●作り方/1)おから蒸しパンの材料をすべて混ぜ合わせ、レンジで4分チンして冷ましておく。2)マスカルポーネを室温に戻しておく。3)生クリームとエリストールを合わせてしっかり泡立て、マスカルポーネを入れてさらに混ぜる。4)ココットにおから蒸しパンを敷き、クリームを乗せてココアを振ったら出来上がり! *粉末のエリスリトールを使うと舌触りもよく美味しい。(SNSの投稿より)



ケト検のレポート提出のために、ケトジェニックを実践した頃と比べて、今はレシピも増えました?

実践レポートの時は、一生懸命勉強したわりにはまだわからなくて…。食品成分表の見方もわからなくて、まず糖質のg数の計算からして大変でした。

だから最初はもう全然です。レポート提出したのなんか、卵焼きとサラダとか単純な料理ばかり。なんだかもう栄養素のg数にこだわりすぎて。

糖質のg数の計算もですが、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維とか、g数を見て食材を決めるという感じになってしまって…。美味しいものを作るところまで行かず、アドバイザーの資格を取るためだけに実践した感じだったんです。

そんな中、ともかくケトジェニックな食事を続けてみたら、あまりにも体調がよくなってびっくり。

ただし、最初の1日、2日はどうも頭が痛くなったりしました。たぶん体に蓄積された糖質が抜ける期間だったのかなと思うんですが、ちょっと吐き気もしたりして、どうしよう〜と思うくらい気分が悪かったんです。

そこを抜けてしまうと、仕事中、ランチの後も眠くならない。それどころか、もう明らかに自分の頭の回転が違ってきてたので、「ああ、これは絶対にいい!」と思って17日間続けられました。

今までいろいろダイエットをしたりしてたんですけれど、この歳になるとなかなか体重は落ちない。レポート提出の間は、17日間で3kgくらいしかやせなかったんですが、その後も徐々に減っていって、2カ月で3kg、合計6kgは落ちましたね。

私、大食いなので思いっきり食べるんですよ。それでこんなに痩せるなんてすごい!その後、ちょっと減る時もあるんですけど、だいたいもうずっとキープの状態ですね、今は。



日本ファンクショナルダイエット協会

↑糖質オフのナッツパン/糖質3g(1個あたり糖質0.6g)
●材料(5〜6個分)/アーモンド 15g・クルミ 15g ・卵 2個・クリームチーズ 40g ●作り方/材料をすべてフードプロセッサーにかけ、ナッツ類が細かくなったら型に入れて、200度のオーブンで18〜20分焼くだけ。*このナッツパン100個分の糖質と、ご飯茶碗1杯分の糖質が同じ!(SNSの投稿より)



【次ページ】低糖質・高タンパクによって「めまい」が治り、肝機能も改善


Produced by医療動画