日本ファンクショナルダイエット協会
日本ファンクショナルダイエット協会 日本ファンクショナルダイエット協会

第16回

羽田 和広さん

ケトジェニクダイエットアドバイザーNo.287(葉山社中 代表取締役/BONIQブランドオーナー)

「低温調理器」で、ケトジェニックな食生活を提案

あっというまに販売数1万台突破! 健康的な低温調理器「BONIQ(ボニーク)」をヒットさせた羽田和広さん。もともと健康志向かと思いきや、ケトジェニックダイエットを知ったのは、商品発売後だったというから意外!ケト検で得た知識をどのように仕事に生かしているのか、参考になるエピソードが盛りだくさんです。

次の目標は糖質制限食の正しい情報を発信すること


自らのケトジェニックダイエットの実践を経て、いろいろなメリットを感じた羽田さんは、無事にアドバイザーに認定されます。さて、それを今後どのように仕事に生かしていきますか?

「お肉をたくさん食べると太る、っていうのは今の世の中の常識じゃないですか。体には良質なタンパク質が必要だし、お肉を食べても太らない。太るのは糖質を摂りすぎるからであって、お肉をいっぱい食べたほうが健康なんだよ、と伝えていかなきゃと思っています。

フィットネスされている方はもちろんですが、お子さんの食育にも関心お高いお母さん方、栄養に興味のある方たちに向けて情報発信をして、栄養の知識を貯えていってもらえればいいなと考えています。

糖質をコントロールするのは無論、タンパク質摂取量も、必要以上に確保すべきだというのが、皆さん足りていない部分だと思っていて。糖質制限した時のタンパク質の必要摂取量は、普通の人が思っているより5倍くらいですよね。

だいたい『ご飯をカットしています』とか言うじゃないですか。ただ糖質を制限すればいいと思っている人がまだ多い。糖質だけを制限しちゃって栄養失調になっている人が本当に多い。そのせいで、糖質制限が正しくない、良くないと思われている節があります。

あとは糖質オフと書いてあってもそうじゃないまやかし商品を食べていて、実は糖質がいっぱい入っていました、みたいな人もたくさんいるので。そこの知識の整理っていうのは、すごく大事。そのあたりをしっかりと教えてあげたいと思っています。

健康食品を売っている人で、不健康そうな人がいっぱいいますしね。僕がやる以上は、自分も勉強しないといけないし、絶対に実践していないといけないなっていうのはありますね。太っているお医者さんの言うことを聞くな、太っているシェフのご飯を食べたら、太りますよね、みたいな。

自分がケトジェニックダイエットを実践した時に、いちばん苦労したのは食の調達です。タンパク質の必要量の確保。その時、不味いお肉だともう嫌なわけじゃないですか。そこで実際に自分の低温調理器を使ったら、めちゃくちゃ便利でした。本当にお肉が美味しく食べられる。

皆さんが美味しいと思っているサシの入ったものではなくて、意外に赤身肉、あとは鶏むね肉とか、豚肉とか。基本、和牛以外がいいので、低温調理ならお金もかからない。

安くタンパク質を摂取したい場合は鶏むね肉か豚を選んで、たまに牛肉が食べたければステーキを挟んで。もうちょっと良質なものを食べたければ牧草牛を食べて、みたいな感じで。それで楽にタンパク質の量を確保できます。

要はタンパク質の加熱温度をコントロールするのが目的なので、お肉だけじゃなくて卵やタンパク質を含む食材でしたらなんでも柔らかく美味しくなると思いますよ」

日本ファンクショナルダイエット協会


世界に拡散したい、ケトジェニックダイエットの知識


そして、次に羽田さんが見据えているのは、海外市場でしょうか? 。理事長 白澤卓二先生や、副理事長 斎藤糧三先生の糖質制限やケトジェニックダイエット関連の本が次々と翻訳され、好評を得ている今、低温調理器のニーズも高まっているはずです!

「低温調理器の市場規模としては、あと10倍以上あり得ると思っています。海外はこの100倍はある。実際、海外からの引き合いもあったりするんです。ただ、ものだけで考えちゃうと、なんでも安く作れるので、いま海外に進出してもほぼ意味がないかなと。

東南アジアなんかでは糖質過多、糖尿病が社会問題になっていると言われていますね。台湾、マレーシアとかシンガポールなど、市場はかなりあると思う。その絡みで健康系の展示会に出展しませんか、みたいな招待があったりするんです。今後、日本の正しい知識を東南アジアに伝えていくことも大事だなって考えています。

将来的には『低温調理をやっている家庭は健康』という状況を作っていきたいです。僕も自分で使って、これは間違いないと思っていますから。ケトジェニックの知識があって、タンパク質をきちんと摂取するために美味しく調理したり、腸内環境を整えるのに乳酸菌を発酵させたりとか、そんな社会状況が実現できたらいいなと思っています」



日本ファンクショナルダイエット協会

はだ・かずひろ

ケトジェニクダイエットアドバイザーNo.287羽田 和広。1979年10月9日生まれ。葉山社中 代表取締役。海外留学を経て国内メーカーに就職、主に産業用ロボットの海外営業に従事。独立後は、Web広告のマーケティングに携わり、商材を探す中で低温調理器というカテゴリに出会う。「美味しく食べながら、健康的でスタイリッシュなライフスタイルを提案したい!」をコンセプトに、自ら開発した低温調理器「BONIQ」を拡散中。
BONIQ 公式サイト https://boniq.store/




Produced by医療動画